テストです。の詳細

トップページ > > テストです。
テストです。
ゴックン期の調理方法 〜10倍かゆ〜

h2タグの見出しとなります

ゴックン期(5ヶ月〜6ヶ月)の離乳食の調理方法。
‘離乳食’と言うと、とっても特別な事に感じて、
「難しいんじゃないの??」
と、しり込みしてしまう方が多いようです。

「自分たちのご飯以外に、赤ちゃん用を作るなんて…」

と、拒否してしまうお母さんも。
中には、

「邪魔くさい」

と、言いきってしまうお母さんもいます。
これは、息子の3ヶ月検診で隣に座ったお母さんが言っていたのですが…。
‘邪魔くさい’って、どういう意味なのでしょう??

ま、ここで、そんなお母さんの批判をしても仕方ありません。
大半のお母さん方は、
‘頑張って離乳食を作ってみよう!!’
と思っていると思います。

まず日本の赤ちゃんが初めて食べる食べ物は、
‘10倍つぶしかゆ’です。
ここでは、その10倍かゆの作り方を紹介しますね!

h3タグの見本となります

10倍かゆは

・お米1
・水10

の割合で作ります。
ですので、1合のお米でしたら10合分のお水が必要です。
しかし、1合のお米を使ったら、膨大な量のおかゆができますのでやめましょう。

できたおかゆを冷凍保存するのも1つの方法ですが、
赤ちゃんにはなるべく新鮮なご飯を与える事が重要ですので、
作りたての離乳食(おかゆ)を与えるように心がけてください。

それに・・・。
冷凍したおかゆやおかずって、
スカスカで食べれたもんじゃないですよ。


冷凍保存するなら、清潔な容器に入れて1週間以内に使い切る。
冷蔵保存も、清潔な容器に入れて3日以内に使い切る。

これが基本です。

h4タグの見本となります

テストタイトルとなります
@鍋にといだお米を入れ、20分〜30分吸水させます。
 鍋は厚めの鍋が良いでしょう。

A吸水ができたら、フタをして弱火で炊きます。
 沸騰して来たら、吹きこぼれないように鍋のフタをずらすといいですよ。

B炊き時間は50分〜1時間。
 火を止めて、フタを閉めて蒸らす時間は10分です。

@鍋にといだお米を入れ、20分〜30分吸水させます。
 鍋は厚めの鍋が良いでしょう。

A吸水ができたら、フタをして弱火で炊きます。
 沸騰して来たら、吹きこぼれないように鍋のフタをずらすといいですよ。

B炊き時間は50分〜1時間。
 火を止めて、フタを閉めて蒸らす時間は10分です。

@鍋にといだお米を入れ、20分〜30分吸水させます。
 鍋は厚めの鍋が良いでしょう。

A吸水ができたら、フタをして弱火で炊きます。
 沸騰して来たら、吹きこぼれないように鍋のフタをずらすといいですよ。

B炊き時間は50分〜1時間。
 火を止めて、フタを閉めて蒸らす時間は10分です。

@鍋にといだお米を入れ、20分〜30分吸水させます。
 鍋は厚めの鍋が良いでしょう。

A吸水ができたら、フタをして弱火で炊きます。
 沸騰して来たら、吹きこぼれないように鍋のフタをずらすといいですよ。

B炊き時間は50分〜1時間。
 火を止めて、フタを閉めて蒸らす時間は10分です。

@鍋にといだお米を入れ、20分〜30分吸水させます。
 鍋は厚めの鍋が良いでしょう。

A吸水ができたら、フタをして弱火で炊きます。
 沸騰して来たら、吹きこぼれないように鍋のフタをずらすといいですよ。

B炊き時間は50分〜1時間。
 火を止めて、フタを閉めて蒸らす時間は10分です。

これで10倍かゆができました。
10倍つぶしがゆはこれを、すりこぎ又は裏ごし器ですり潰すのです。
すりこぎ、裏ごし器は清潔なものを使いましょう。
気になるようでしたら、すりつぶしたおかゆを1度鍋に戻して沸騰させたら大丈夫ですよ!!

時間はかかりますが、
鍋が作ってくれるので簡単です。
火の加減を見て、焦げ付かせないようにだけしてくださいね。

もし、時間より早く水分がなくなったら?
火加減が強かったのかもしれません。
少しお水又はお湯を足してあげましょう。

簡単ですね。
あなたにもできそうでしょ!!

おかゆは離乳食の基本です。
ぜひとも、手作りのおかゆを作ってあげてくださいね。



関連エントリー
運営者情報
管理人
はじめまして。当サイト運営者のCaisyanと申します。 保育士で男の子と女の子の母です! 保育所と自分の子どもの子育て経験から学んだ事や、教科書や育児所には載っていない、チョットした育児のコツをお伝えします!!
特におすすめの育児情報
その他の育児情報でいいのができてきたら入れる。
Copyright © 2012 赤ちゃんの妊娠、出産、子育てならお任せ!べびくまの育児Q&A! . All rights reserved