初めてお母さんになった方への詳細

トップページ > 育児 > 初めてお母さんになった方へ
初めてお母さんになった方へ
初めてお母さんになった方へ

痛い痛い出産を経て、
約10ヶ月の妊娠生活を終え、
初めてお母さんになりましたね。

物凄く嬉しいです。幸せです。
女性として、かけがえのない瞬間ではないでしょうか?

さあ、今から長きに渡る育児の出発です。
とにかく、この幸せと思った瞬間を、
一生忘れないでください。

どんなにしんどくても、腹が立っても、
育児は投げ出すことができません。

誰でも、自分の子どもに腹が立つことがありますよ。
あなただけではありません。

いつも明るいママ友達も、
保育士の私も、
大学で育児論を論じている先生も。
自分の子どもだからこそ腹が立つのかもしれません。

『誰の子どもや!!!』
・・・あ、自分の子どもだった!なんて事も(笑)

お母さん。
腹が立ったり、気持ちがどうにもならない時は、
少し子どもと距離を取りましょう。

赤ちゃんが泣きやまなくて、どうしようもなくて、
お母さんまで泣きたくなったら?

まず、赤ちゃんを安全な場所に寝かせます。
動く赤ちゃんの場合は、安全な部屋にいてもらいましょう。

お母さんはほんの少しの時間だけ、
トイレやベランダ・別室に行きます。
赤ちゃんから離れ過ぎても危険ですので、
赤ちゃんの様子が分かる所にしてください。

とにかく一瞬でも一人になれる所に行って、
大きく深呼吸!!
目をつぶって無になりましょう。そして、

『大丈夫。ゆっくりゆっくり。大丈夫』

など、何でもかまいません。
自分が落ち着ける言葉をつぶやきましょう。

この子を授かった瞬間を思い出すのもいいかもしれません。
産まれた時の写真を見ても!

まあ、赤ちゃんを泣きっぱなしにさせておくのもいけませんので、
数分ですませてください。
そして、新しい気持ちになって、赤ちゃんに対面してください。

育児の理想と現実は違います。
子どもは、それが赤ちゃんであろうと
親の言う通りには動いてくれません。

好きな時に笑って・泣いて・怒って・すねて・走って・転んで…。
はっきり言って、予想不可能です。
それが子どもなのです。

自分の思い通りにならないからと言ってクヨクヨせず、
元気に赤ちゃんが育っていることに感謝しながら毎日を過ごしましょう。



運営者情報
管理人
はじめまして。当サイト運営者のCaisyanと申します。 保育士で男の子と女の子の母です! 保育所と自分の子どもの子育て経験から学んだ事や、教科書や育児所には載っていない、チョットした育児のコツをお伝えします!!
特におすすめの育児情報
その他の育児情報でいいのができてきたら入れる。
Copyright © 2012 赤ちゃんの妊娠、出産、子育てならお任せ!べびくまの育児Q&A! . All rights reserved