3歳頃の注意の仕方の詳細

トップページ > 育児 > 3歳頃の注意の仕方
3歳頃の注意の仕方
3歳頃の注意の仕方

以前に話した、1歳児さんの注意の仕方は、
結構簡単なんです。

それだけ1歳児さんはまだまだ親の言う事を聞いてくれる。
でも、難しくなってくるのが幼児さん。
幼児さんになると知能もグ〜ンとアップしますので。
親もとっても大変になると思います。

よく、3歳ごろは 「反抗期」 と言います。
「反抗期」 は言いかえれば 「成長期」 なのです。

反抗期の時の子どもの頭は、
本当にジンジン・ビリビリしているそうですよ。
だから、イライラしているんです。
能が‘賢くなるぞおおお’と、成長しまくっているのでしょうね。

さて、そんな3歳頃の注意の仕方ですが、
1歳さんと変わりません。
言葉が通じる分、理解もしてくれます。

「ダメ!」という事を伝えて、
「お母さん(お父さん)は、物凄く怒っているのだぞ!!」
と伝えます。

幼児さんになると、すねてその場に寝てジタバタする事もあるでしょう。
家でだったらいいですが、
外でされたら冷や汗ものです。

「周りの人になんて思われていいるか!!」

焦ります。焦って、キャアキャア怒ってしまいがち。
キャアキャア怒っているお母さん見かけた事あるでしょ??
あれは、正直あまり効果がないと思います。

子どもを注意する時は、高い声ではなく、
低い声で注意する方が伝わります。
それも、ダラダラ怒るのではなく、ガツンと一発。

さあ、話を戻しましょう。
もし、外で子どもがひっくり返ってすねたら?
人の迷惑にならない安全な場所に連れて行き、
その場でしばらく何も言わずに観察しましょう。
車で出かけているなら、抱き上げて車にのせてもOKですよ。

1回ガツンと注意して
怒った顔をする。
そして、観察です。

何時間も泣き続ける子どもなんていません。
子どもに諦めさせるのです。
だって、ダメなものはダメなんですから。

子どもに諦めさせることは本当に大切なことだと思います。
子どもが諦めたら、褒めてあげましょう。
「賢いね」
と。

‘注意して、できたら褒める’

それが、子どものしつけです。
注意しっぱなしは、なるべくやめましょうね。



運営者情報
管理人
はじめまして。当サイト運営者のCaisyanと申します。 保育士で男の子と女の子の母です! 保育所と自分の子どもの子育て経験から学んだ事や、教科書や育児所には載っていない、チョットした育児のコツをお伝えします!!
特におすすめの育児情報
その他の育児情報でいいのができてきたら入れる。
Copyright © 2012 赤ちゃんの妊娠、出産、子育てならお任せ!べびくまの育児Q&A! . All rights reserved