1歳さんの注意の仕方の詳細

トップページ > 育児 > 1歳さんの注意の仕方
1歳さんの注意の仕方
1歳さんの注意の仕方

私は0歳児を担当しています。
0歳児の赤ちゃんは、
1年間という短い期間でイロイロな事を習得していきます。

笑うようになり、首がすわる、寝がえりをする、
座る、ハイハイをする、立つ、早い子では歩きはじめます。

さて、0歳も後半になり1歳に近付いてくると、
運動面だけではなく感情面・知能もついてきます。
1歳近くになると、

‘ダメな事はダメ!!’

と教え始めなくてはいけない時期です。
「でも、そんな小さい子に分かるの??」
わかりますよおおおおお。


注意の仕方ですが、
体罰はいけません。
体罰とは、強くたたいたり、つねったり、つき倒したり…分かりますよね。

思わず手を出したくなる気持ちも分からなくもないですが、
1度手を出してしまうと、親もくせになります。
子どもも、たたかれないと分からない子になってしまうかもしれません。


子どもを注意する上で大切なのは

‘こどもの目を見る事’

「ダメ!!」
という事を伝えてから、
うんと怖い顔をしてこどもの目を見ましょう。
少々にらんでも構いません。

‘お母さん(お父さん)は、物凄く怒っているんだぞおおお!!’

という事を、伝えます。
中には、‘まずい!!’と感じ、
「でへへへへへへ」
と、笑う子もいますが、
その時笑いにつられず、怖い顔を続けてください。

ある程度、それをして子どもが落ち着いたらやめましょう。
そして、抱きしめて
「分かった?賢いね」
と、伝えます。

また、それをしたことで子どもが泣いたら、
しばらくそばで様子を見ておきます。
そして、時間をおいて同じように抱きしめます。


ダメな事をしたら、ダメという事を伝える。
子どもがダメな事をしなくなったらフォローする。

試してみてください。
もちえろん、子どもはまた同じことをします。
何回もします。
大人では考えられないほど同じ事を何回もします(笑)

子どもってそんなものです。
ですので、そのたびに親も同じことを繰り返すのです。
そうしているうちに、

「あれ?最近しなくなったな」

と感じる時が来るはず!!
子育ては忍耐も必要です。
頑張って!!



運営者情報
管理人
はじめまして。当サイト運営者のCaisyanと申します。 保育士で男の子と女の子の母です! 保育所と自分の子どもの子育て経験から学んだ事や、教科書や育児所には載っていない、チョットした育児のコツをお伝えします!!
特におすすめの育児情報
その他の育児情報でいいのができてきたら入れる。
Copyright © 2012 赤ちゃんの妊娠、出産、子育てならお任せ!べびくまの育児Q&A! . All rights reserved